貧困を解決する投資

マイクロファイナンスと投資

マイクロファイナンスの投資

マイクロファイナンスは、他の銀行と同じく企業に融資を行ったり、投資を行ったりしますが、同時に貧困の解消も目的としています。主に途上国においては貴重な存在であり、資金が足りずなかなか貧困から抜け出せない企業や個人事業などが積極的に活用しています。マイクロファイナンスは単に資金を融資するのではなく、資金の細かい使い道や投資のアドバイスなどを行うことによって、企業の経営を手助けします。それによって将来確実に返済してもらうことに繋がります。世界の貧困の解消に欠かせない機関であり、今後もますます需要が高まると予想されています。

マイクロファイナンスの仕組

マイクロファイナンスは手持ち資金が乏しい・貧困状態にあるといった状況で金融サービスの利用が困難である人向けに、小口の融資や預金・保険サービスを提供するものです。同時に、その為の資金は投資対象となっており、こちらの側面では金銭に余裕がある人も利用出来ます。慈善活動や支援とは違い無償では無い事から、マイクロファイナンスの利用者はその資金を元に小規模事業といった収益活動を行い、経済的安定を目指しつつ融資に関しては償還を行う事になります。そして投資対象として利用した場合には償還によって得られた金銭が還元対象となり、比較的安定した利回りを期待する事が出来ます。

新着情報

↑PAGE TOP